FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

籠太鼓 三川淳雄(宝生会月並能)

宝生流 宝生能楽堂 2007.6.10
 シテ 三川淳雄、ワキ 工藤和哉
  アイ 野村扇丞
   大鼓 柿原弘和、小鼓 北村治
   笛 槻宅聡


籠太鼓の籠は牢屋の牢と同義なんだそうで、後見が出してくる籠の作り物はまさに牢屋の意味ですね。
牢舎につけられた時の鼓を狂乱して打つところから、籠太鼓の曲名をつけたのでしょう。
さてそういうわけで一同着座すると、まずは後見が籠の作り物を持ち出してきて大小前に据えます。本当に枠組みだけのもの。
すると名宣笛でワキの松浦の何某とアイの従者が登場してきます。
ワキは梨打烏帽子に白鉢巻、直垂上下の武士の姿。従者は太刀持ちですね。


この曲は間狂言が重要な役回りをします。冒頭の部分は工藤さんのワキと扇丞さんのアイの掛け合いで進行する形になります。
ワキは名乗で、自分は松浦の何某であるが召し使う「関の清次」が口論の末に敵を討ってしまったので牢に入れてある旨を述べ、従者を呼び出します。


従者に対し清次の番をしっかりするようにと申しつけますが、アイは「さてもさてもかような不憫なことはこざらん」などと言い、清次に同情的である様子を見せ、牢に向かって話しかけます。
しかし返事がないので、牢内を確かめると清次が抜けた後。慌ててワキに報告します。
人の良さげな雰囲気を扇丞さんが良く出しておられたと感じました。


この清次へ同情的な物言いをしているところが伏線なのでしょう、ワキの何某はだからこそ以前よりかたく申しつけてあるのに、油断したのだろうとアイを叱ります。
そして清次に親はないかと問い、アイが無いと答えると、子はないかと問い、これまた無いと答えると、妻はないかとさらに問いかけ、アイの「妻はいる」との返事に急いで妻を連れてこいと命じます。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/473-25c4db22

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。