FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

車僧さらにつづき

大ベシの囃子に、羽団扇を持ち背には打杖を差した天狗姿の後シテが登場してきます。白頭の小書が付いて、もちろん白頭ですが、装束も白系になり所作もゆったりと格が上がります。


登場したシテは一ノ松で「愛宕山、樒が原に雪積もり・・・」と歌い出します。
謡ううちに静に橋掛りを進み、地謡の「煩悩あれば菩提あり」で常座へ。さらにシテの「太郎坊の行者もあり」でイロヱが入ります。


このイロヱのうちに橋掛りへ進み、一ノ松で地謡の「祈らば祈るべし」の謡に。
地謡に合わせての足拍子。そして前場と同様に、シテとワキの問答が続きます。


実はこのイロヱのあとは舞台に見入ってしまって、メモをとっていません。
白頭の小書によってシテは老体ということになり、当然に所作もキビキビした激しさは抑えられて、格調高い雰囲気となります。


この雰囲気が、車僧という曲が持つ問答の面白さ、深さにうまく合っているように感じました。
前場もそうでしたが、後場もシテとワキの問答はまさに禅問答の趣です。
そもそも輪廻を象徴する輪を持つと同時に、法そのものの象徴でもある車を持ち出しているところからして、この曲の趣旨がわかろうというもの。
そうなると、激しい動きよりも、抑制された白頭の方が、この曲にはより合った形なのかもしれません。


この曲の白頭の小書は宝生と金剛にあるようですが、とても良い能を見たなあという思いが残りました。
・・・白頭の小書って、"Hakuto" version って解説されてました。バージョンなあ・・・
(70分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/484-3316a68c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。