FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

柿山伏のつづき

柿主は「木に隠れているのはあれは犬じゃ」と言います。山伏は早速に「びょうびょうびょう」と犬の真似をします。
すると柿主は、犬かと思ったがあれは猿じゃ、と続けます。山伏はまたまた「きゃあきゃあきゃあ」と猿の鳴き真似。


さて次には「猿かと思ったが猿でもない、あれは鳶じゃ」と柿主が言い出し、さらに鳶であるからには飛ぶであろう。飛ばなければ鉄砲を持ってきて撃とうと言います。


この犬だ、猿だというあたりは、ほかにも色々とバージョンがあるようで鳥だの、猫だのということもあるようですが、いずれにしても最後は鳶ということで、山伏を木から落とそうという趣向ですね。
もっとも、飛びそうなものだと柿主が拍子を取りながら囃すという形もありますが。


さて山伏はとうとう鳶の真似をして木から飛び降りますが、飛べるわけも無し、したたかに腰を打って「あ痛、あ痛」と大騒ぎ。柿主に怒って、尊い山伏に鳥獣の真似をさせ、さらには飛ばせたために、腰を打った。宿へ連れて行って看病せよ、と妙な言いがかりをつけます。


柿主はすっかり山伏を馬鹿にして、さっさと帰ろうと橋掛りへ進みますが、山伏が祈ると橋掛りの途中から祈り戻され、舞台に戻ってきます。
調子に乗った山伏が、宿に連れて行けと再び命ずると、柿主は「おのれまことじゃと思いをるか」と山伏を追い込んで終曲。山伏をおぶってから振り落として退場する形もありますね。


いやホント、面白かったです。吉住さん熱演でした。万蔵さんの余裕あるとぼけ振りがまたなんとも。
(15分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/489-02355ed4

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。