FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

杜若のつづき

佐野登さんの杜若、鑑賞記を続けます。


シテ、ワキの掛け合いは、伊勢物語の「東下り」をめぐってつづき、「かたみの花は「今ここに。とシテはワキに向かってツメ、地謡がこれを引き取ります。


地の謡の後、シテはワキを自らの庵に招じ、ここで物着。
物着アシライのうちにシテは後見座へ向かい、唐織を脱いで紫の長絹に初冠の姿になります。
と、初冠は垂纓に老懸。そうなんですね。先日の須磨源氏の際に初めて気付いたのですが、宝生流では初冠は垂纓に老懸の形のようなんです。
この間書いたように、有職では老懸を着けるのは武官で、武官の場合は纓は巻纓ですから、垂纓に老懸の形は無いはずですね。少なくとも観世流では、初冠は巻纓に老懸ですし、確か金剛永謹さんの時も、日蔭之糸をつけてはいましたが、巻纓に老懸だったと記憶しています。・・・辻井さんはどうだったかなあ


ま、いずれにしても、こんなところにも流儀の違いがあるのは面白い。
能装束としてどちらが美しいか、そのあたりに主張があるんでしょうね。


物着を終えたシテは「なうなう、この冠唐衣御覧候へ」とワキに姿を見せます。
高子の后の御衣という唐衣と、在原業平がつけたという初冠を同時に身に着けることによって、不思議な世界を作り出すわけです。


ワキは「冠唐衣は先々置きぬ」と、この不思議な装束のことはさておいても、一体「御身は如何なる人ぞ」とシテに問いかけます。
これに対してシテは「杜若の精なり」と我が身を明かすわけです。
さてこのつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/495-c4f265c5

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。