FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

船橋さらにつづき

ツレは中入りせず後見座にクツロギ、アイの語りの後、ワキの待謡。
黒頭に袷法被を肩脱ぎにし半切を着けた後シテが登場してきます。


これに合わせて、後見座にクツロいでいたツレが立って正中へ出、シテが一ノ松に留まる間にツレの謡で「行者の法力で成仏した」と述べますが、代わってシテは自分は妄執が強く浮かびかねると述べ、地謡の「これ見給へ浅ましや」で舞台へ入り、常座でシカケ開キします。


ワキが昔を懺悔し給えと促し、シテは仕方話に昔を語り出します。
ツレはワキ座に着座し、シテ・ツレの掛け合いの謡。「共にこがるる思い妻。宵々に」と謡って立廻り。観世流では「思い妻」と謡って立廻りになり、その後「宵々に」となりますが、宝生流の形の方がメジャーなようですね。


地謡の「丑三寒き」で橋掛りへ進み、「岸に見えたる人影はそれか」と立ち上がったツレを遠く見込みます。
「心うれしや」とユウケンの型も、シテの心の変化が現れた形。


さらに舞台へ進み「放せる板間を」と正中へ出て「かっぱと落ちて沈みけり」で拍子を踏んで飛び安座、面を伏せます。
この変化、まさに逢瀬の喜びが一転して水に落ち沈んだ苦しみへと変化するところ。思わず息を止めて見入ってしまいました。


この後執心の様をキリで謡い舞う形ですが、実に重く悲しい様。打杖を抜いて振り上げるなど、邪淫の悪鬼の様になります。
最後の最後で、昔語りの懺悔と行者の法力によって「浮かめる身とぞなりにける」となり、打杖を捨てて合掌し留の拍子を踏みますが、本当に最後に成仏して良かったと思う雰囲気でした。
たいへん良くできた能、良い演者でした・・・
(75分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/503-d41056b4

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。