FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鐘の音 大蔵彌太郎(観世会定期能)

大藏流 観世能楽堂 2007.7.1
 シテ 大藏彌太郎
  アド 大藏教義 大藏吉次郎


鐘の音も良く演じられる狂言ですが、シテが四つの寺の鐘の音を聞き分け、演じ分けるところが一つの見せ場。
このブログでは昨年秋に和泉流野村萬さんのシテで観た際の鑑賞記を載せていますが、今回は大藏流でもあり、この時との比較をふまえつつ書いてみたいと思います。


まず登場人物が、和泉流ではシテの太郎冠者とアドの主人の二人なのですが、大藏では仲裁人が登場するため三人となります。
このため主、太郎冠者、仲裁人の順に登場してきますが、仲裁人は後方に控えて登場を待つ形になります。


教義さんが主人。息子が成人したので近々、太刀の差し初めをしようと考えているが、黄金の熨斗付けの太刀を作ってやろうと考えている。ついては鎌倉に行って付け金の値を聞いてくるように、と太郎冠者に命じます。
お若い教義さんの主人なので、息子が成人したという台詞がいささかそぐわない感もしますが、まあそこはご愛敬。


命じられたシテは「付け金」を「撞き鐘」と聞き違え、「撞き鐘」の音などを聞いてなんの役に立つのだろうと独りごちたものの、鐘の音も縁起良いかと勝手に納得して鎌倉に向かいます。
とは言え闇雲に歩き回っても仕方ないので、どこから回ろうかと思案の末、五大堂へと向かうことにします。
さてこのつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/507-604bb29c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。