FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

楊貴妃 台留 梅若万三郎(観世会定期能)

観世流 観世能楽堂 2007.7.1
 シテ 梅若万三郎 ワキ 森常好
  アイ 大藏基誠
   大鼓 國川純、小鼓 観世豊純
   笛 一噌仙幸


まず大小前に引廻しをかけた宮の作り物が出されます。引廻しは一般的には紫などが多く用いられますが、楊貴妃の住まいする太真殿という設定のせいか、柿色といったら良いか朱系統の色。
次に次第の囃子でワキが登場し、次第を謡います。


ワキは玄宗皇帝に仕える方士、神仙術である方術を使う道士です。森さんのワキで、堂々とした道士ですが、謡は大変に穏やかな感じ。この曲の雰囲気にあった印象です。
楊貴妃が殺された後、皇帝の嘆きが深く、貴妃の魂魄のありかを探せとの命が下ったと語り、続いて道行を謡い、常世の国の蓬莱宮に着いたと述べます。


ワキは橋掛りに向かって「処の人」とアイを呼び出し、楊貴妃の消息を聞きます。
ワキと一緒に登場し狂言座に控えていたアイが立ち上がり答えるのですが、その中で、楊貴妃は太真殿に住み、望郷の思いに沈んでいることが明かされます。


アイは基誠さん。問答を終えるといったん狂言座に着座し、あらためて立ち上がって切戸口から退場。するとワキは正中へ出、蓬莱宮の壮麗な様を謡った後、太真殿の額が掛かった宮があるので、まずはこのあたりを徘徊していようと、作り物を見る形になります。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/510-8641e433

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。