FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

楊貴妃 台留さらにつづき

ワキは帰ろうとしますが、作り物を出たシテはこれをとどめ、先ほどの釵は驪山宮で霓裳羽衣の曲を舞った際に差した物と述べ、ワキから釵を受け取って物着になります。
一度天冠を外して立て物を取り付けて再び天冠を着けたのだと思うのですが、後見座で後を向いているので良く見えませんでした。


物着の後はシテの一セイからイロヱとなります。このイロヱの笛の掛りがなかなかに風情があって素敵でした。
イロヱは舞台を一回りするだけですが、ゆったりした動作に気品があります。
台留の小書のためでしょうけれど、クリ・サシが省略されて、イロヱのあとはクセになります。


クセは曲舞の基本形をなぞっていくわけですが、上げ端の前「たまさかに逢いひ見たり。静に語れ憂き昔」ではワキに向き合って左手を差しのべる型。これはなかなかに風情あります。一般的なクセの上げ扇の型よりも、この曲の雰囲気を盛り上げる感じがします。


さらに生者必滅、会者定離の理を謡い舞い、序ノ舞へと進みます。
序ノ舞も実に静かな動きの中に品が漂います。


序ノ舞の後はノリ地の中に冠を外して釵に見立てた立て物をワキに返します。
「勅使は都に帰りければ」とワキは釵を受け取り、シテとすれ違って常座から橋掛りへ進みます。
ここに笛のアシライが入り、続いて「さるにても、さるにても」と謡いつつシテが招き扇をすると、ワキは二ノ松あたりに平伏して名残を惜しむ形。良い雰囲気です。
「君にはこの世」とシテは正中で下居してシオリ、ワキは再び立って遠ざかる中、シテは立って正を向き、作り物に横から入って「伏し沈みてぞ留まりける」と下居。


台留(ウテナドメ)の小書がついているため、作り物に入って残り留の形です。謡が終わった後、シテは前から作り物を出てヒシギとなりました。


品格のあるシテの舞で、全体としてはとても良かったのですが・・・解ってはいてもちょっとなあ・・・
(93分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/512-64c146bc

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。