能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

能を観ること、感じること

昨日のつづきを少しばかり書いておこうと思います。


昨日の金剛永謹能の会で、列に並んだ方とお話ししたことを書きました。さてその話からのつづきです。
昨日の番組は狂言一番に能一番だったのですが、そこから「能三番とか、そんなに集中して観られない」という話になりました。「二番だって大変かもしれない」とも。
でも、その方、私が知っている限りでは三番立てでも五雲会の四番立てでも、きちんと全曲を鑑賞している様子。


「五雲会なんて能四番ですよね」と話をむけたところ「あれはいいんだ。四番あれば一つは当りがある」・・・なるほど。「観られるならば一番でも多く観た方が良いと思う」ともおっしゃっていました。


このあたりは全く同感です。私も正直のところ三番立てとかになると緊張が続きませんが、でも極力、全曲観るようにしています。思いもかけず良い能にめぐり合う可能性もありますものネ。


さらに共感したのは「絶対的な良し悪しなんて無いし、自分の体調にもすごく影響される」という話です。確かに習いたての素人の能と、名人上手といわれるプロの能なら、万人の評価が一致するかもしれませんが、プロ同士の比較はとても難しい。
流儀によっても主張があるし、個々の能役者にもそれぞれに曲のとらえ方、演技の仕方に主張があるでしょう。
・・・もっとも昔、宝生の野口兼資さんは「理屈はない、ただ稽古したとおりにやるんだ」というようなことをおっしゃっていたそうですが・・・


ともかく、演技上の解釈、見せ方について、どちらが正しいと判定することは難しいでしょう。能に限らず芸術一般というのはそういうものだと思うのです。
例えば、生前には全くかえりみられず極貧のうちに亡くなった画家の作品が、死後に素晴らしい芸術ともてはやされるような例は枚挙に暇ありません。


素晴らしい鑑賞眼と言っても、結局は個人の観方であって、絶対真理ではない、要は好みだと思うんですね。
それと始末が悪いのが自分の体調やメンタリティー。ものすごく影響するんです。だから例えその時「なんだかなあ」と思った場合でも、別な状態で観たら全然違う感想を持ったかもしれません。
その方は「調子が良いときよりも、落ち込んでいるときの方が良いような気がする」とおっしゃっていました。「不調なときは、薬や酒よりも能が効く」んだそうです。


まあ、そんな訳で、私は自分の気に入ったところだけを書くことにしています。
もちろん好き嫌いはあるのですが、嫌いなところを書いても自分も気持ち良くないし、読まれた方も気分を害するかもしれません。


とりあえず、自分が「良かった」と思えるところを書いていると、なんだか得したような気にもなれるんですネ。
そんな訳で、私の観能記にはあまり悪い話が出てきません。


ところで、そのほかにもその方とはいくつかお話をしたのですが、「宝生の若手は層が厚くて楽しみ」ということでも同感でした。
「仕舞を見るとすぐわかる」といったお話もされていましたが、確かに私も仕舞を拝見して「この方の能を見てみたい」と思うことがありますが、こうした場合はだいたい「当り」ですね。


さて今日は、後ほど7月観世会の船弁慶の観能記も書こうと思っています。
では後ほど・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんわー。
私も見所で、毎回見かける人、2人くらいいます。
もしかしたら、同じ方だと思いますが、見かける度に「やっぱりきたなぁっ!」と、にやりとしてしまう自分...( 笑)
zagzagさんとも何度もすれ違ったりしているんでしょうね。きっと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/514-ff46f0c9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad