FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

船弁慶さらにつづき

クセに続く中ノ舞では二段で扇を左に取り、橋掛りに入ってシオって下居。別れに涙する形ですね。
この中ノ舞、下掛りでは序ノ舞ですが、上掛りは中ノ舞になっています。
モノの本には、前後之替の小書が付くと序ノ舞になると書いてあるものもありますが、この小書では中ノ舞のままが普通に演じられる形だと思います。


中入りでアイが登場し、立ちシャベリの後、ワキに向かって座して問答。弁慶が船はどうしたと問いかけ、アイは畏まったと一度狂言座に向かい、用意が出来たと戻ります。


ワキ、ワキツレの問答から、ワキはアイに船を出すように命じ、アイが幕に走り込んで船を携えて走り出てきます。
何度見てもこのあたりの場面展開は面白い。能としては極めて劇的ですね。


千太郎さんのアイは上手いなあ。力一杯漕ぐ感じ。遠く怪しい雲に驚いた様子から、高まる波にしーし、し、しと抑えようとする型。ここは間狂言の見せ場ですが、やはり大藏と和泉では微妙に違います。


さてその波濤の中に、地謡の「主上を始め奉り、一門の月卿雲霞の如く、波に浮みて見えたるぞや」で幕をゆっくりと巻き上げ、床几に座したちょうど面のあたりまでの半幕で、後シテ知盛の姿を見せます。
そのままシテは「そもそもこれは桓武天皇九代の後胤」と謡い出し、地謡の「声をしるべに」でゆっくり幕を下ろし、早笛でシテが走り出ます。


波を蹴立てる足を見せたり、義経との斬り合い。「祈り祈られ」と橋掛りに向かい「遠ざかれば」までで幕前まで進みます。ここから長刀を持ち直し再び義経に迫りますが、「追っ払い祈りのけ」と退けられて、橋掛りへ進み「また引く汐に」と走り込んで、ワキが留めます。
なお観世流には重前後之替というのもありまして、前後之替の習事がさらに重いものになって、静の舞が盤渉序ノ舞になったり、後シテの装束が白式になり流レ足を使ったりなどの形になります。そうなんですね、それって金剛の白波之伝と似た形ですね。
(77分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/517-824f8a30

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。