FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁 辻井八郎(座・SQUARE第10回公演)

金春流 国立能楽堂 2007.7.16
 翁 辻井八郎
  三番三 山本東次郎、千歳 山本凛太郎
   大鼓 柿原弘和、小鼓 鵜澤洋太郎
   脇鼓 古賀裕己 田辺恭資
   笛 一噌幸弘


本日からは金春流の若手四人の会「座・SQUARE」の第10回記念公演の鑑賞記。
まずは辻井さんの翁からです。


今年二回目の翁ですが、前回の老練な喜多六平太さんに対して、お若い辻井さんの翁ということで、また期待の高まるところ。
しかも千歳は同じ山本凛太郎クン。二月の式能の時は途中で烏帽子が少しずれてしまいましたが、そうしたことを感じさせない、良い千歳でしたね。


さらに今回は東次郎さんの三番三。ホントに久しぶりです。もっとずっとお若い頃に拝見したきりで、なかなか機会がなく今日まで来てしまった感じです。


翁の開演に先立っては鏡の間で神酒を頂いたりする儀式があるそうですが、これは素人が拝見する訳にはいかないので、実際にはどのようにしているのか・・・と興味あるところです。切り火を行って清めたりもするのですが、片幕にして橋掛りへ向かって切り火をする場合もありますね。
今回は楽屋内だけの様子でしたが、窓の御簾越しにほのかに明るくなるのが見て取れると気分も盛り上がります。


時刻ちょうどに幕が上がり、面箱、翁、三番三と静に登場。下掛りなので千歳と面箱持を狂言方が兼ねる形です。辻井さんも緊張の様子ですが、厳粛な雰囲気でとても良い感じ。
千歳は目付柱のあたりまで進んで座し、翁が正中から正先へ出て片膝を付き深く礼をしますが、これが思いのほか長い時間で、しかも翁烏帽子の先端が舞台に着くほどの深い礼でした。心のこもった感じがしますね。さすがに辻井さんはお若いので型に乱れがありませんが、老齢のシテではあそこまで深く礼をされるとうまく立ち上がれなくなってしまいそうです。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/518-6a491b23

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。