FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

羽衣 替ノ型 高橋忍(座・SQUARE第10回公演)

金春流 国立能楽堂 2007.7.16
 シテ 高橋忍、ワキ 宝生欣哉
   大鼓 安福光雄、小鼓 大倉源次郎
   太鼓 観世元伯、笛 松田弘之


羽衣には様々な小書がありますが、金春の替ノ型も観てみたいものと思っていたところ、今回は高橋忍さんのシテで拝見することが出来ました。
この替ノ型の小書、「替」というくらいで常とは違うわけですが、どうも演じ方は相当にバリエーションがあるようです。ものの本には「盤渉にすることもある」などと書いてありますが、それ以上の説明は書けなかった様子。要はシテの考えに任されている部分が大きいということなのでしょうね。


一同着座すると後見が羽衣に相当する紅い舞衣・・・これ後で着けてみてわかったのですが、この時点では長絹だと思っていました・・・を一ノ松あたりの欄干に架けます。
この日は作り物は出しませんでしたので、羽衣を欄干に架けた形ですね。


欣哉さんのワキに、大日向さんと御厨さんのワキツレ。一声の囃子で登場してきますが、舞台に入り、向き合って一セイ「風早の、三保の浦わを漕ぐ舟の、浦人さわぐ波路かな」を謡うと、ワキは後見座に竿を置き、橋掛りに向かいます。


二ノ松近くまで行き、ちょうど柱のあたりでサシ「これは三保の松原に・・・」と謡いますが、「白竜と申す漁夫にて候」の後は、「万里の好山に・・・」から上歌の終わり「釣り人多き小舟かな」までをバッサリと省略して、ワキの詞「われ三保の松原にあがり」へと続きました。
先日観た喜多流の羽衣、霞留の小書も、作り物は出さないので欄干に架けた長絹を取り上げる形ですが、このときは「釣り人多き小舟かな」まで舞台上で謡って、それからワキが橋掛りへ向かいました。なるほど、いろいろと違いがあるものです。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/521-82ebe39d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。