FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

羽衣のつづき

ワキが「いかさま取りて帰り」と欄干に寄り、舞衣を取り上げて舞台へ進みつつ「家の宝となさばやと存じ候」と詞を述べるうちに幕が上がり、シテが姿を現して「のうのうその衣はこなたのにて候」と呼び掛けます。


縫箔腰巻に天冠の姿ですが、天冠には牡丹ですね、大輪の花が咲いた形。ワキと問答をしながら橋掛りを進み「天上へ帰らん事も」と一ノ松で止まってワキを見込みます。


ワキに衣を返して欲しいとシテが言いますがワキは衣を返しません。
ワキ「白竜衣を返さねば」に続けてシテが「力及ばず、せんかたも」と謡って地謡が「涙の露の玉鬘・・・」と続けます。以前にも書いた記憶がありますが、この後「天人の五衰」の句が出てきます。三島由紀夫の豊饒の海を思い起こす一句。


ところで、こうしたシテ・ワキと地謡が掛け合う形で謡が進む部分は、流儀によってどの句をだれが謡うか、微妙に違ったりします。
ちなみにこの「力及ばず、せんかたも」の句は、シテが続けて謡うのが金春の形。他流は「力及ばず」と「せんかたも」の二句に切りますが、観世・宝生の上掛り二流はシテが「力及ばず」と謡い「せんかたも」はワキが謡うのに対し、金剛・喜多の二流はシテの「力及ばず」の後「せんかたも」をシテ・ワキ同吟としています。
微妙なところですが、実際に聞いてみるとシテだけが謡った場合、シテとワキがそれぞれに謡う場合、シテが謡ってその後同吟となる場合、それぞれに印象が違いますね。
こういう違いは随所にありますが、意識して気をつけてみるのも案外面白い。


ともかくシテは悲嘆にくれる訳ですが、その姿に同情したワキは衣を返すことにして、その代わりに天人の舞楽を見せてほしいと申し出ます。
先に衣を返して欲しい、先に返せばそのまま天上に帰ってしまうだろう・・・というやり取りの後、ワキは羽衣を返し物着となります。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/522-26542731

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-07 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad