FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

羽衣さらにつづき

ワキから衣を手渡しに受け取ったシテは、後見座にクツロぎ物着となります。
この日の装束は一昨日書いた通り朱の舞衣。大変綺麗な姿です。
通常は物着で長絹を着けます。観世流の装束附けでは「長絹または舞衣」となっていて、小書が付いた場合など舞衣を着ける場合もありますが、他流では珍しいのではないでしょうか。このあたりはシテの考えということでしょうね。


ともかく物着を終え、舞衣を着けたシテは常座に出て「少女は衣を着しつつ」と謡い出します。ワキとの掛け合いから地謡が引き取って「東遊びの駿河舞、この時やはじめなるらん」と謡い、続く地取りの間にシテは一回りして大小前に進み、地謡のクリ。そしてシテのサシへつながり、扇を開いてユウケン。クセに入ります。


春の長閑な雰囲気を謡うクセは、この仕舞でも好んで舞われる部分。
高橋さんの能は、昭君とか半蔀とか、女性がシテの曲ばかり観ているような感じですが、とても良い雰囲気です。


東遊びの舞の曲・・・との地謡から序ノ舞。
序ノ舞は盤渉ですね。さらに後段でテンポが速まり破ノ舞の格になった感じで、舞い上げるとワカから破ノ舞を省略してキリの「東遊びのかずかずに」へとつながります。


このあたり、金春らしい節使いの謡と舞が調和してなんとも言えない、良い雰囲気です。小書のためか、キリの謡は緩急がつき、「御願円満国土成就」とぐっと締まります。「七宝充満の宝を降らし」と招き扇から宝を降らすように扇を下ろしつつ前へ出、左へ廻って「時移って」と橋掛りへ進みます。


「浦風にたなびき」と一ノ松で羽根扇。さらに「浮島が雲の」と謡がぐっとしまり「愛鷹山や富士の高嶺」と一ノ松で下を見下ろす型になります。ああ、天に舞い上がったなあ、としみじみ思うところ。
「かすかになりて」あたりで右の袖をかづき、するすると滑るように幕に入って、最後はワキが留める残り留めの形、いや綺麗でした・・・
(65分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/523-61ef062f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。