FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

石橋 古式 山井綱雄(座・SQUARE第10回公演)

金春流 国立能楽堂 2007.7.16
 シテ 山井綱雄、ツレ 井上貴覚
  ワキ 森常好、アイ 山本則重
   大鼓 柿原光博、小鼓 観世新九郎
   太鼓 古屋潔、笛 一噌隆之


石橋。古式の小書き付きなのですが、なにぶん金春の石橋を観るのは初めてなので、獅子が紅白二頭になる以外にどんな変化があったのか、実はわかっておりません。ともかく半能ではなく、前後ある形(金春の先生方は石橋の半能でない場合を丸能という、と宗家のブログで拝読した話を以前書きましたが、その丸能)でしたので、面白く拝見しました・・・石橋の前は、静と動の対比という意味でも、味わい深いと思っています。


まずは名乗り笛でワキが登場してきます。半能であれば、まず牡丹の花の付いた一畳台が運ばれてきますし、前後あっても宝生流だとまず一畳台を出しますが、今回は間狂言の後に出る通常の形です。


存在感のある森さんの名乗りの後、一セイの囃子で前シテの出。
小格子厚板に水衣、尉髪の老人姿。面は小尉でしょうか。薪を背負っていて、薪には藤かな・・・花が添えられています。上掛りでは前シテが童子が通常の形(もっとも宝生はツレ)ですが、下掛は老人が基本の形。なかなか雰囲気のある老人です。


簡単に石橋を渡ろうとするワキを押しとどめ、石橋の謂われを語ります。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/527-ab694b68

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-07 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad