FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

是界(白頭)佐々木宗生(喜多流職分会自主公演能)

喜多流 喜多六平太記念能楽堂 2006.4.23
 シテ 佐々木宗生、ツレ 佐々木多門、
  ワキ 森常好、アイ 善竹大二郎
   大鼓 亀井実、小鼓 曽和正博、
   太鼓 小寺佐七、笛 寺井久八郎



是界(ぜがい)はいわゆる切能、五番目物で、主人公は大唐の天狗の首領である是界坊。もっとも観世では善界と書きまして、私はこちらの方が馴染みがあります。



さてこの是界坊、中国では少しでも慢心をみせる修行者たちを、残らず天狗道に引きずり込んできましたが、さて神国といわれる日本でも仏法の妨げをなそうと、はるばる日本にやってきます。
愛宕山の有名な天狗の太郎坊を尋ね、一緒に仏法の妨げをしようと持ちかけ、比叡山を狙います。が僧正の法力に負けて消える。という話です。
言ってみれば、さほど深みはない、切能らしいといえば切能らしい曲ですが、案外面白いと思います。



シテ是界坊が直面の山伏姿で登場し、日本にやってきた由を語り、愛宕山へ向かいます。
幕内のツレ、太郎坊に呼び掛けるとツレの出。ツレも直面の山伏姿です。
シテツレのやりとりから、クリ、サシ、クセと展開しますが、クセは居グセ。



この居グセ、久しぶりに迫力のある居グセを観たという感じです。シテの佐々木宗生さんとツレはご子息の多門さん、二人とも気力充実し、居グセの間、微動だにしません。
多門さんは気合いが入っている様子で、徐々に顔も紅潮しうっすらと汗が浮かんできました。



後シテの出は、大ベシですが、これが妙に重い感じ。あれ?どうしたのかと思ったら、幕が開いて、白の装束に白頭のシテ。そうそうすっかり白頭の小書きが付いていたのを忘れていました。
白頭だけあって実に格の高い天狗。ゆったりとした登場です。



作り物の車が出てワキの僧正が乗り込んでいますが、イロヱのあと、シテが車の轅に取り付き引っ張るという型。さらに舞働になりますが、この途中から早くなり、キリは小気味よく進行しました。



附け祝言は高砂。観世の節ととても良く似ているので、一緒に謡えそうな気がしてしまいます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/54-f38744ce

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。