FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鉄輪 笠井陸(喜多流職分会自主公演)

喜多流 喜多六平太記念能楽堂 2007.7.22
 シテ 笠井陸、ワキ 野口能弘
  アイ 高澤祐介
   大鼓 亀井実、小鼓 森澤勇司
   太鼓 助川治、笛 寺井義明


鉄輪はほぼ一年ぶり。前回は銕仙会で山本順之さんのシテ。これは良かったです。
笠井さんは存じ上げていなかったのですが、主に九州でご活躍のようですね。


さて一同着座すると、まずはアイの出。高澤祐介さんは好きな狂言師なので、アイを見るにもついつい気持ちが入ってしまいます。
貴船の宮に仕える神職ということで水衣に烏帽子の出で立ち、不思議の霊夢を見たと語ります。都から丑の刻詣りの女がやって来るので夢の子細を伝えようと語って狂言座に下がります。


次第の囃子になり、シテが登場してきます。笠を被った姿での登場。笠井さん小柄な方なんですね。
常座で次第を謡います。さらに正面へ向き直ってサシ。さらに下歌、上歌と謡いますが、上歌の最後「貴船の宮に着きにけり」に向けて二、三足動き常座に戻って貴船に着いた形。後ろ向きに笠を外して左手に持ち、正面を向いて「急ぎ候ほどに」と詞。


シテは大小前から正中へ出て下居し、笠を前に置きます。
するとアイが立ち上がりシテに話しかけてきます。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/542-cf211592

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。