FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鉄輪さらにつづき

ワキツレが退場すると、後見がまず一畳台を出してきて正先に置きます。
後見二人が下がると、代わって人形の台が出されます。二段の台で上には手前側左に黄色の幣、右に赤の幣。奥側左には白の幣、右には青の幣と四色の幣が立てられています。


上段には左に士烏帽子、右に鬘が置かれ、それぞれ男と女の代わりとなるもの。下の段には御幣が置かれていてます。


準備が整うとワキが祈る形になります。
ノットが奏されますが、単調なリズムが怪しい雰囲気を作ります。ワキは謹上再拝と唱え下の段の御幣を取って祈りますが「不思議や雨降り」と右足を上げ、「御幣もざざめき」のあたりで橋掛りに向かった形で御幣を構えて、いよいよシテの出を思わせる雰囲気になってきます。


ワキが正面へ向き直り、御幣を台に戻して笛座前に下がると、出端の囃子で後シテの登場となります。
たぶん橋姫だと思うのですが、面の目のあたりから下が赤く彩色されていて、これがまた妙に生々しい感じのする面。
一ノ松で「それ春の花は斜脚の暖風より開けて」と謡い出します。


シテとの掛け合いから地謡へと続いていきますが、恨めしい、鬼となるといった激しい言葉を、抑制の利いた謡で紡いでいく感じ。地頭の香川さんの謡が、えてしてドロドロしたものになってしまいがちが曲全体の品を落とさず、引っ張った感じです。


シテは、台に寄り鬘を手に巻いて恨みを示したりなど、様々な所作を見せますが、とうとう思いを遂げられず、本物の鬼になってしまったと留になります。
(64分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/544-dcbc6932

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。