FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

閑能会別会を観に行く

金剛宗家の春日龍神を観てから一月と少々が経ちまして、本日は観世能楽堂に閑能会別会を観に出かけました。今回の台風は大変でしたが、台風が残していった南の暑い空気のせいか、気温も上がりましたネ。


閑能会のスケジュールは今年の初めから公開されていたと思うのですが、ボーっとしていたせいか、観に行ってみようと思い立ったのは7月末で、はやチケットもほとんど残っていない状況。というわけでワキ正面の一番後ろの方だったのですが、これが案外観やすくてビックリ。
観世能楽堂は客席数の割に、どこで観ても観やすい能楽堂とは思っていたのですが、良いですね、これは。


曲は祥人さんの邯鄲に、祥六さんの松風、そして岡庭祥大さんの葵上と能が三番。狂言は善竹十郎さんの瓜盗人で、ほかに仕舞が八番ほどと、たっぷり観たという感じです。


しかしなあ、関根祥人さんの能を観るようになってから何年か経ちましたが、観るたびにゾクっとするほど感銘を受けるのは、何かよほどに惹かれるものがあるんでしょうネ。
今回の邯鄲は藁屋の小書きがついていたこともあって、むしろワキ正の席が正解。全編、まさに観入ってしまった次第です。
鑑賞記の中でいずれ書こうと思いますが、下掛りほどではないものの、橋掛りまで使ったダイナミックな飛び込みでしたし、そもそもシテの心情表現が細やかで型を越えるものがあったように思います。


もちろん松風は言うに及ばずで、ツレがまた関根知孝さんということもあって、こちらも良かったですね。見留の小書きがついて破ノ舞から型が変わりますがこれまた興味深く拝見しました。


岡庭さんはお若い方のようですが、若さのあるシテで、特に姿を変えてからの切れが良かったです。
いずれ近いうちに鑑賞記をアップするつもりです。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/548-c02ab524

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。