FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

春日龍神のつづき

道行を謡い終えると、ワキの明恵上人はワキ座に進み床几にかかります。従僧二人はワキに随って着座、シテの出を待つ形になります。


一声で前シテの出ですが、小書のためツレが出ます。まずはツレの今井克紀さんが先に立ちますが、装束としては水衣に白大口で宮守ということのようですが、直面なので今井さんの若さが強調されますね。


続いて前シテ、小尉の面に翁烏帽子、白大口に「より」の狩衣を肩上げにし右手には箒を持っています。二人して橋掛りを進み、常座からツレは正中へ、シテは常座で一セイ「晴れたる空に向かえば」と同吟します。


通常の形ではツレは出ませんが、観世の「龍女の舞」など小書がつくとツレが出る場合があるようです。ただし以前にも書きましたが、この金剛の龍神揃ではツレは出ないと書いてある本もありまして、このあたりはどうなんでしょうねぇ


ともかく一セイはのびやかな謡で、さらにシテのサシから下歌、上歌と続きます。
謡い終えるとワキがシテ・ツレに呼び掛けますが、これに対してシテは即座に「これは栂尾の明恵上人にて御座候ふぞや」と返します。春日の神域では、鹿や草木にいたるまで明恵上人に礼拝するほど尊ばれていることを暗示するようです。


シテはワキに参詣が神慮に叶うと述べますが、ワキが入唐渡天を思い立ちその暇乞いの参詣であると述べると、入唐渡天を思い止まるよう諭します。
明恵上人は笠置の解脱上人とともに春日の明神の思い深いこと。さらに釈迦在世の世ならばいざしらず、今の世となってはこの春日山こそ霊鷲山であり、この地に留まって神慮をあがめるようにという地謡により、正中に下居して肩上げを下ろし地謡のクリになります。


実は観世の謡本をちらちらと眺めながら観ていたのですが、上掛りではこのクリが無く、ワキの詞からシテのサシになるので、一瞬どこだかわからなくなってしまいいささか混乱しました。
いずれにしてもこの後居グセとなります。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/549-f6e3687c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。