FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

春日龍神さらにつづき

居グセの後、ワキは入唐渡天を思い留まることとし、シテに御身は如何なる人ぞと問いかけます。


これに答えて、三笠の山に五天竺を写し、摩耶の誕生から双林の入滅まで悉く見せよう、私は時風秀行である、と述べて姿を消してしまいます。この時風秀行が、もともと二人の人物の名である話は、以前、山井さんの春日龍神を観た際にこのブログにも書いています。


さてシテの中入りは来序。ゆったりとした中入りの後は、狂言来序に替わって、アイの末社の神が登場し、立ちシャベリとなります。


アイがシャベリ終えて退場すると、地謡が「時に大地、震動するは」と謡い出し、後シテの出になります。
解説をされた金子直樹さんは、常の早笛のように早くないが早笛を奏すると説明されておられましたが、ちょうど是界の後シテの出で大ベシが奏されるような感じです。ゆっくりだけど早いという不思議な感じ。
その中を鹿背杖を持ったシテが登場し、橋掛りを進みます。白頭に大龍戴、これがまた本当に大きい。ビックリするくらいです。


ゆっくりと橋掛りを進んでいるのですが、不思議と早い感じもします。
しかもこの後シテ大龍神が常座に進むと、再び幕が上がり龍女が二人、龍神が六人登場してきます。たぶん一番長いといわれている国立能楽堂の橋掛りを一杯に使って見事に並び、シテがまず「すは、八大龍王よ」と謡うと、先に登場した龍女から「難陀龍王」次の龍女が「跋難陀龍王」続いて最初の龍神が「娑伽羅龍王」二人目が「和修吉龍王」と、自ら名のるように謡います。
ここは通常の形ならシテと地謡の掛け合いのところですね。


「百千眷属引き連れ」とシテは正先へ進み、続いて龍女二人と龍神二人が舞台に入って、シテは鹿背杖を構えて正先に下居。直ぐ後に龍女二人が並び、さらにその後に龍神二人が控えて、残る四人の龍神が橋掛りに控えるという、絵巻物のような配置です。
あともう一日続けたいと思います

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/550-91c95909

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。