FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

邯鄲のつづき

登場したシテの盧生は一ノ松あたりまで進むと一度正面を向き、あらためて後ろ向きになって次第を謡います。舞台に入って常座で次第を謡うときも、一人で謡うときは斜め後ろの鏡板の方を向く形になりますが、一ノ松でも同じ形です。


さらに「我人間にありながら仏道をも願わず、ただ茫然と明し暮すばかりなり」と意味深な発言をして「唯今羊飛山へと急ぎ候」と楚の国羊飛山に向かうことにします。
この最後に一足詰めましたが、なんでもない型なのに盧生の複雑な心情が伝わってくるような感じです。
ところで掛絡(から:いわゆる袈裟のことです)を掛けているのは、仏道を志す者という意味だと思うのですが、今回の替の装束とこの詞章はどう解釈するのかなあ・・・と、しばし考えてしまったところです。


続いてシテは道行を謡い、道すがら邯鄲の里に着いたという設定。二足ほど出て、一ノ松から舞台のアイに呼び掛ける形となります。宿屋の女主人に一夜の宿を乞う訳ですね。
アイはシテを導いて正中で床几にかけさせて、自らは目付に座して盧生との問答になります。


邯鄲の枕で一眠りすることを勧められたシテは一畳台に上がって着座。アイはその間に粟飯を作っておくと言って狂言座に下がります。


シテは枕をじっと見ながら詞を語り、面を上げて上歌のはじめ「一村雨の雨宿り」と謡います。この一村雨の雨宿りにちなんで、シテが笠や傘をさして登場する小書もありますね。しかしこの一句は現実の雨を意味するのでは無いような気がするのですが・・・


シテに続けて地謡が「一村雨の雨宿り、日はまだ残る中宿の」と上歌を謡い、シテは枕をして横たわり眠りにつくわけですが、この「日はまだ残る」あたりでワキの勅使とワキツレの輿舁が登場してきます。


シテは「邯鄲の枕に臥しにけり」と、横になって枕を使う形になりますが、この謡の終わりで、すすっと近寄ってきたワキの勅使が、二度目の「臥しにけり」の最後に合わせて扇で枕元を二度ほど叩き「如何に盧生に申すべき事の候」と、シテを起こし、シテは直ちに起きあがります。ここからいきなりシテの夢の中となるのですが、この場面展開は実に綺麗に出来ていると、いつもながら思います。


このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/554-86254690

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。