FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

瓜盗人つづき

シテの男はいささかの後悔を感じつつも、畑へ入ります。夜盗みに来たという設定ですが、常座のあたりで垣に念を入れた様子に気付きます。これを難なく踏み越えて畑に入り、瓜を盗ろうとしますが、瓜と思って両手で掴むと「ばさばさばさ」と枯れた葉。また瓜かと思って掴もうとしますが、これも「ばさばさばさ」と枯れた葉。この表現も面白いところ。


夜目が利かぬ時は転びを打てと言う、とかなんとか言って、畑を転がり瓜を感触で見つけることにします。舞台上を転がって瓜を見つけるという所作を何度か繰り返しますが、ちょうど頭の辺りにぶつかって見つけた瓜に「枕瓜じゃ」などと言う場面。これは「まくわ瓜」の駄洒落でしょうから、この畑の瓜はマクワウリということですね。


なんどか転がるうちに案山子にうちあたり、人がいたかと大騒ぎをして許しを請いますが、いっこうに返事がないので案山子と気付きます。
とたんに腹を立て、瓜蔓を引き立てたり、垣を引き抜いたり、散々に腹いせをして退場。
替わって畑主が再び登場してきます。舞台は翌日になり、見回りに来たわけですが、はたして垣は引き抜かれ、瓜蔓も引き立てられていて、瓜も盗まれた様子。
「盗みに入るような輩は、また来るもの」と、今度は畑主自身が案山子になって盗人を待つことにします。


案山子に組み上げた面や烏帽子などを外し、肩衣を脱いで水衣を着け、面をつけ烏帽子を被って鬘桶に座し、さらに水衣に通しておいた竹杖を持って盗人を待つことにします。


そうとは知らぬシテの盗人は、再び登場してしてきます。「かりそめなことは致さぬものではござらぬ」と、またまた後悔の様子。昨夜の瓜をあるお方に進上したところ、今度は家に食べに来るというので、また盗みに来る羽目になったわけです。


「首筋がぞーっとする」などと言いながら畑にやって来て、また瓜を盗むことになります。
このつづきはもう一日

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/559-8d0e5efd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。