FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

松風さらにつづき

この能、一場物で中入りがありませんが、ロンギの汐汲みの様が終わったところで、大鼓、小鼓が床几を下り、囃子方は中入りの時のような形でクツロギます。
このワキとの問答で、二人が明確に松風・村雨の霊であると語るなど、ここから後は霊の世界になるところから考えても、どうやらこのワキとの問答を境にして、実質的には前場と後場に分かれるような感じがします。


行平に二人ながらに愛されたことや別離などについて述べ、ワキになお一層の弔いを頼むと、クセになりシテは後見から行平形見の烏帽子と長絹を受け取ります。


シテは「これを見る度に」と少し長絹を持ち上げて思いを込める所作。さらに一度下ろした後も「形見こそ今はあだなれ」と再び持ち上げて見込み感情が強く昂ぶる風になります。


地の「かけてぞ頼む同じ世に」で立ち上がり、手に持った長絹を見込み、抱え込んで舞台を回り、長絹で顔を隠しながら座して泣き崩れるという形。狂女物というわけではないのですが、狂いの様といって良いところですね。


物着で烏帽子、長絹を着し、シテはシオって「三瀬川絶えぬ涙の憂き瀬にも乱るる恋の渕はありけり」と謡い出し、狂乱の様を表します。
「あらうれしやあれに行平の御立ちあるが」と正先の松を行平と見て、立ち上がり「いで参ろう」と近づこうとするのをツレが止める形。


行平の歌「立別れ因幡の山の峰に生ふる松としきかば今かへり来む」を下敷きにして、「待つとし聞かば帰り来ん」とは行平の約束と言いつのるシテの狂気は、幽霊であるだけに深い思慕の念と妄執を感じるところです。
シテの謡も力が入り狂気の風が強く感じられます。
いよいよ気持ちが募って舞へと展開していきますが、もう一日、明日へとつづきます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/563-9df6f217

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。