FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

松風さらにさらにつづき

「立ち別れ」の地の謡からシテはシオりながら橋掛りへと進み、ツレは笛座前に控えます。シテはあらためて橋掛りから舞台に入りイロヱ掛りで中ノ舞。
中ノ舞を舞い上げると、シテは「因幡の山の」と謡い出し、中ノ舞が行平の歌の中に取り込まれたような詞章になっています。


さらに「磯馴松の懐かしや」と昂ぶった感じで松に抱き寄る形から、たらたらと下がって破ノ舞。
今回は見留の小書のため、破ノ舞は常の形とは異なって、松の前を通り抜け「ヒー」と笛が高い音を奏する中に、橋掛りへ入って一ノ松で扇をかざし、松の立木を遠く見て留める形となります。
これもまたなかなかに風情ある型です。


キリの地謡「松に吹き来る風も狂じて」に、ハネ扇で吹く風を表しながら舞台に入り、「我が跡弔いてたび給え」とワキに向かってツメて下居して合掌。
「暇申して」で立ちますが、この足拍子で、それまでの大ノリの謡から「帰る波の音の」と平ノリに変わって気分が変わります。ここの謡、好きなんです。


「須磨の浦かけて」と橋掛りへ進み、「後の山颪」と一ノ松で見返す形。
そのまま静かにシテは橋掛りを進んで退場し、ワキが立ち上がって留めとなりますが「村雨と聞きしも今朝見れば松風ばかりや残るらん」という最後の章句に、実に深いものを感じます。


秋の名曲ではありますが、堪能させて頂きました。
(105分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/564-e4e09d69

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。