FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葵上さらにつづき

シテは大小前から正中へ出て下居しクドキを謡い、自らが六条御息所の怨霊であることを明かします。いささかキーが高かったような気がしましたが・・・感情の高揚を表現してということでしょうか。
さらに地謡が下歌、上歌とシテの苦悩、葵上への恨みを謡うところ。シテは座したままですが思いの凝縮される場面です。


シテは激情に駆られて「今は打たでは叶ふまじと」と立ち上がって正先の小袖に寄り、後妻打ちにおよびます。さらに常座での地謡との掛け合いから「昔語りになりぬれば」と大小前、正中と進み、「その面影も恥ずかしや」と扇を投げ捨てて常座に向かい「枕に立てる破車うち乗せ隠れ行かうよ」で唐織を被いて後見座にクツロギます。
なかなかに小気味よいテンポで進んだ感じで、一気に場面が展開しました。


ワキツレの命でアイがワキ横川の小聖を迎えに行き、ワキが登場。正先に置かれた小袖、つまり葵上のところまでやって来て着座し、ノットの囃子に合わせて祈祷を始めます。
欣哉さんも曲毎にきちんと雰囲気を作ってこられる方ですが、今回の横川の小聖も力ある行者の風情です。


シテは被いた唐織の中で面を変え、悪鬼の姿となって常座に進みます。
祈になって、ワキは数珠を使い、シテは被いたままだった唐織を落として悪鬼の姿を現します。
唐織を腰に巻き付けて笞を振り、橋掛りに入って唐織を落としてワキと激しく闘います。幕の前までワキに追い込められたところからとって返し、シテ柱に巻き付いて再び舞台に入り散々に闘いますが、ついには調伏されて打ち杖を捨てて安座する形。


最後は地謡の「読誦の声を聞くときは」から成仏得脱の身となって留めとなりました。
(61分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/567-a73328e2

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。