FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

氷室 東川光夫(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2007.9.15
 シテ 東川光夫、ツレ 澤田宏司 金森隆晋
  ワキ 宝生欣哉、アイ 三宅近成
   大鼓 柿原崇志、小鼓 幸正昭
   太鼓 大川典良、笛 寺井宏明


本日から9月の宝生流五雲会の鑑賞記です。


氷室は金春憲和さんの演能についてこのブログで鑑賞記を書いています。
あれから一年ちょっと経っていますが、今回は上掛りの宝生流ですのでいささか違いがありますね。


まずは作り物の一畳台と山が運ばれてきて大小前に置かれます。
すると次第の囃子でワキの臣下とワキツレ従臣が登場してきます。臣下は亀山院に仕えていますが、九世の戸からの帰り道、都に戻る途次であると名のって、ワキツレ共々道行を謡い氷室山にやって来ます。
この鑑賞記の前に書いた岡庭さんの葵上の時もワキは宝生欣哉さんでしたが、今回の勅使もいかにも勅使らしい、全体に速さのある、それでいて締めるところでは緩急のついた謡。安定感があります。


総じて脇能のワキは勅使や神官といった役どころで、調子の速いキビキビとした謡を聞かせ、所作も切れよく見せることが多いのですが、これが前シテの、多くは老人の謡や所作との対比の面白さとなってきます。
今回もそうした感じを楽しめる前場。ワキツレは梅村さんと則久さんで、則久さんも注目しているワキ方の一人です。


さてここに真ノ一声で登場してくるのが老翁と若者の二人連れ。
シテは白大口に水衣の高砂前シテのような姿で、手にはエブリという雪などをかき集める道具を持っています。
ツレは直面、脇能では割合に良くある組み合わせですね。
さてこのつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/568-be485756

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。