FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

しびり 高澤龍之介(五雲会)

和泉流 宝生能楽堂 2007.9.15
 シテ 高澤龍之介、アド 高澤祐介


この日の話題として9月15日にも書きましたが、高澤龍之介クンの堂々たるシテが微笑ましかった一曲。
大藏流では痿痢や痿痺、和泉流でも痺と漢字で書かれたりしますが、要は「足の痺れ」のこと。足が痺れて命じられたことができないという太郎冠者の言い訳と、その嘘に対しての主人の機転が見せ所の短い狂言です。


小品であり、またシテの言い訳がいかにも子供じみたものである割に面白いので、シテの太郎冠者を子供に演じさせるのが多い曲でもあります。
初舞台でこの曲のシテを演じるという例も少なからずあるようです。
狂言の初舞台と言えば「猿に始まり狐に終わる」という言葉もあるように、靱猿の小猿を演じることが多いようですが、必ずしも靱猿ばかりではなく、この曲や「以呂波」なども初舞台の曲として選ばれるようです。・・・どちらかというと、大藏流では靱猿よりも痿痢や以呂波が選ばれる方が多く、和泉流では靱猿の方が多いそうですが、とりたてて決まりがあるわけでもなさそうです。


さて舞台の方は、アドの主人が先に立ち、シテの太郎冠者を従えて登場してきます。
主人は、このところ方々で振る舞いが盛んに行われていると述べ、さらに急なことだが、明日振る舞いをすることになったので、準備をしなければならないと語って、太郎冠者を呼び出します。


呼ばれた太郎冠者「路地の掃除などをしておりました」などと気の利くところをアピールしますが、主人から振る舞いのため和泉の堺へ行って肴を求めてこいと命じられてしまいます。
「これは迷惑なことを言い付けられた」これでは「身も骨も続くことではない」と、行きたくない太郎冠者は作病を起こして(仮病を使って)使いを免れようとします。
さてこのつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/571-481728f1

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。