FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鵺 小倉健太郎(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2007.9.15
 シテ 小倉健太郎、ワキ 則久英志
  アイ 前田晃一
   大鼓 飯島六之佐、小鼓 住駒充彦
   太鼓 麦谷暁夫、笛 関川順一郎


鵺(ヌエ)というのは頭は猿、尾は蛇、手足は虎のようで、鳥の鵺に似た声で鳴く不思議な生き物。話の素材は平家物語にある源頼政の鵺退治ですが、鵺退治の武勇譚ではなく、退治された鵺からみた物語になっています。もしかすると被征服者や社会的敗者といった歴史的背景が埋め込まれているのかも知れません。


舞台は次第でのワキ諸国一見の僧の登場から始まります。則久さんのワキですが橋掛りを進む運びは割合に速く感じます。
常座で次第を謡いますが、この「世を捨て人の旅の空、世を捨て人の旅の空、来し方何処なるらん」もよく考えると、全編を暗示するような深さがある感じがします。


ワキ僧は三熊野に参り都に上る途中ですが住吉から蘆屋の里にやって来ます。一夜の宿を借りようとアイを呼び出しますが、旅の者には宿を貸さない掟と言われ、州崎の御堂で一夜を明かすことにします。


すると一声でシテの出。手に水棹を持った舟人姿で登場してきます。
ワキの謡で、これはうつほ舟に乗った不思議な人物であることがわかります。うつほ舟は木をくり抜いて作った舟で、遠目にはただの埋もれ木にも見えてしまいます。


この怪しい舟人とワキの問答は、また明日につづきます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/582-95e2d3cd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。