FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鵺のつづき

一日あきましたが、鵺の続きです。

ワキはシテを怪しいと訝りますが、蘆屋の灘の潮焼く海士人の類などと答えて正体を明かしません。それでいながら上歌は「海士人の心の闇を弔い給え」とつながり、実は正体を知らせて救済を受けたいシテの心情がうかがわれるところ。
「法の力を頼むなり」と常座で持っていた水棹を放し、正中で合掌して下居します。水棹が舞台に倒れてコトンと音がするのがなにかのきっかけのような感じがしますね。


ワキはさらに「何と見申せども更に人間とは見えず候」と重ねてシテに正体を尋ね、シテは鵺の亡心であると明かします。


ここからクリ、サシ、クセと、頼政の鵺退治の話が語られます。
近衛院の時に夜な夜な御悩あって、高僧貴僧に調伏させようとしたもののしるしがなく、都東三条の森の方から黒雲がやって来ると、必ず帝が御悩の態になってしまいます。そこで頼政が呼ばれてこれを撃ち落とし、郎等の猪の早太が斬りつけたという話が展開します。
クセの前半までは下居のまま「黒雲一村立ち来たり、御殿の上を覆いたり」とやや右に受け、「頼政きっと見上ぐれば」と正へ面を切って見上げる形。面を戻し「矢を取って打ちつがい」と弓矢を構える形から「南無八幡大菩薩」と両手を打合せ、矢を打ち放します。


「落つるところを猪の早太」と立ち上がり、語り舞うように「愚かなる形なりけり」とワキへ詰める形で正中へ下居します。
語り終えるとシテの舟人は棹を取り直して立ち上がり、うつほ舟に乗って姿を消してしまいます。中入り前は「恐ろしや凄ましや」と両手を上げて棹を捨て、そのまま退場。小倉さんの前シテ、怪しい、不思議な雰囲気を醸し出して後場への期待が高まります。


この中入りではアイが頼政の鵺退治を語ります。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/584-a88de512

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。