FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

頼政 本田光洋(金春会定期能)

金春流 国立能楽堂 2007.10.7
 シテ 本田光洋、ワキ 村瀬純
  アイ 若松隆
   大鼓 安福建雄、小鼓 曽和正博
   笛 中谷明


ランダムに能を観ていて、たまたま鵺の鑑賞記の次に、頼政の鑑賞記を書くというのも、偶然とはいえいささか感じるところがありますね。


とは言ってもこちらは頼政が名をあげた鵺退治の話ではなく、以仁王を奉じて挙兵したものの、遂に敗れて自害した頼政の幽霊が現れる典型的な修羅能です。


名ノリ笛でワキの旅僧が登場し、宇治の里へとやって来ます。村瀬さんらしい不思議な声ですが、力みのない趣ある謡。里人は来ないものかと待っていると、シテの尉が呼び掛けで登場してきます。
本田光洋さんの謡は、美声という訳ではありませんが不思議と良く通る味のある声で、橋掛りの長い国立能楽堂での呼掛でも、明瞭に情趣まで伝わってきます。


宇治の里は名所旧跡の数々あるところ、ワキ僧は老人に残りなく教えてほしいと頼みます。老人は、宇治には住んでいても賤しき里人なので名所旧跡など知らないと一度は断りますが、ワキの重ねての頼みから、いわゆる名所教えとなります。


融などもそうですが、この名所教えというのはなかなかに風情のある場面。
シテとワキが交わす言葉と、二人の遠くを見やる姿から、様々な名所旧跡が浮かび上がってくるのは能の醍醐味かもしれません。ワキ正、目付から正面へと二人向を合わせながら掛け合いに名所を数え上げます。
月が出てくるのは、いよいよ霊的な世界が開く象徴なんでしょうね。


シテは平等院を見たことがあるかとワキに問います。
ワキは見たことがないと答えますが、シテはそんなワキを導いて平等院までやって来ます。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/586-66a339fd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。