FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

初めての能楽鑑賞(つづき)・・・事前の準備

観に行きたい公演が決まって、チケットも入手した。さて当日までにどうしようか、ということですが、私は、観に行く能のストーリーと簡単な解説、できれば全体の大まかな構成などを調べておくと良いと思っています。



能楽は、台詞の部分を含めて独特の発声をしますし、いわゆる「古文」なわけですから、聞き取れないところも当然に出てきます。また節のついた謡の部分は、和歌をベースに置いたつづれ織りのような章句になっているし、様々な仏教的知識などが土台になっているものも少なくありません。これを耳から聞いて理解するのは大変です。



かといって、能楽自体はやはり歌舞劇、劇なわけですから、やはり上演中は舞台上に集中したいもの。
そのためには、全体の流れ、何をテーマとして劇が進行するのか、といった基本的なことは、前もって理解をしていた方が、楽しく「観劇」に集中できます。
能楽といっても、基本はエンターティンメント。観て楽しむものであって、聞いて観て感じたいものと思います。



古文とは言っても、要は日本語ですから、読めばある程度の意味は分かります。このブログをご覧になっている以上、ネット接続はOKということでしょうから、先にご紹介した半魚文庫さんのプロジェクトから、観に行く予定の能を探し出して前もって原文を読んでおくだけで、全然、違うと思います。
もちろん、シテ方5流、ワキ方3流、狂言方2流ありますから、その日の組み合わせで詞章は微妙に異なります。半魚文庫さんの底本とはもちろん違いがあるでしょうし、仮に謡本を持っていて、その流儀の能を観に行ったとしても、ワキや狂言の部分は謡本の通りにはいきません。
ですから細かい言葉よりも、全体の流れを理解するという意味で読んでおくと良いのではないか、と思います。



また「古文は弱くて」とおっしゃるなら、様々なガイドブックがありますから、こうしたものを読まれるか、あるいはネットで曲名を検索されると、プロによる解説や、私の書いているような観能記も出てきますので、こうしたものを参照されるのもいいかもしれません。・・・と宣伝などしてみたりして・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/59-a77e92ee

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。