能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鎌腹さらにつづき

鎌首も失敗した太郎、次は鎌を草むらに突き立てておいて、走りかかって鎌の上に転べば良かろうとワキ座近くに鎌を立て、橋掛りを一ノ松あたりまで行ってから、走ってきますが鎌を避けてしまいます。


「目が臆病じゃによって目を塞いでやろう」と、またまた触れ直し、今度は「盲腹の走り腹」などと言って、再び一ノ松あたりから目を塞いで走ってきますが、またもや失敗。


さて冷静になって考えてみると「今から山へ行って木を切り女どもの機嫌を取れば良いことだ」と気付き、気を取り直して山に向かおうとします。


ところがこの時になって、太郎の触れを人づてに聞きつけたらしい女房があわてて登場してきます。
太郎が死ぬのを止めようというわけですが、このため太郎はやむなく腹に鎌を当て「今が最後じゃ」などと死ぬふりをします。


女房は必死で留めますが、太郎がどうしても腹を切るというと、それならば自分は川に身を投げると言います。
これを聞いた太郎、死ぬことは思い止まりますが、女房のいさぎよさに、自分は臆病で死ぬことが出来なかったが、それならば「某の名代に、この鎌で腹を切ってくれさしめ」と無茶苦茶な申し出をし、これを女房が追い込んで留めとなります。


いやなかなかに面白い一番でした。
和泉流は先に書いたように、女房と仲裁人がいるうちに太郎は腹を切ると言い出すわけですが、かまわず女房、仲裁人が退場してしまいます。
一人になった太郎は、鎌腹、走り腹と死のうとしますが果たせず、見物もないのに死ぬのは犬死だと、我慢して柴刈りに行くことにし、女房が登場しないままに留となる形です。高澤祐介さんの熱演が記憶に残っています。
(27分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/591-78455f33

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad