能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

芭蕉 金春安明(金春会定期能)

金春流 国立能楽堂 2007.10.7
 シテ 金春安明、ワキ 高井松男
  アイ 山本則重
   大鼓 佃良勝、小鼓 大倉源次郎
   笛 一噌庸二


これは難しい曲ですね。
大体が草木の精が主人公という能は、それだけで分かり難いのが普通。それが、この曲では草木の身ながら成仏したいという願いを持っているうえに、さらに舞台設定が中国の楚の国とされているため仏教用語や漢詩がちりばめられていて、謡曲を読んでも分かり難い。


なんでも金春禅竹が中国の怪奇譚をもとに作能したらしいのですが、原話は芭蕉の精が人間に化けて男を誑かそうとする割と下世話な話とか。
それを仏教を基本において、こんな抽象劇にしてしまったのは、まさに禅竹の力量ということなんでしょう。
けれどもこの曲を本当に趣深く演じるのは余程のシテでなければ難しいのではないかと思うところです。


さて舞台はまず名宣リ笛でワキの僧が登場してきます。
この僧、唐土は楚国の小水(観世流では湘水と書きますが)に山住まいしています。法華経僧で日夜法華経を読誦していますが、夜な夜な読経をしていると人の気配がする様子。
今宵こそは何者かと問うてみようと語り、法華経読誦を始めます。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/592-50bd592a

漢詩漢詩(かんし)とは、中国の伝統的な詩。韻文における文体の一つ。狭義には後漢時代に確立した中国の国家芸術としての詩のこと。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFD

漢詩漢詩(かんし)とは、中国の伝統的な詩。韻文における文体の一つ。狭義には後漢時代に確立した中国の国家芸術としての詩のこと。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFD

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad