能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

銕仙会青山能を観に行く

青山能は二、三年ぶりでしょうか。なにぶん銕仙会定期公演は金曜日、青山能は水曜日が基本なので、うまい具合に出張でもないと、なかなか観ることができません。というわけで、本日はたまたま午後から出張する用事ができまして、久しぶりの青山となったわけです。


銕仙会の青山の研修所は、コンクリート打ち放しの内装で街の雰囲気とマッチした建物。そこにしつらえられた能舞台が、和と洋のコラボ風で良い雰囲気を醸し出しています。これをずいぶん昔に建てた感覚は、極めて斬新と思いますね。
見所は階段状になっていて、ここに座布団を置いて観る形も風情があります。能楽の公演がある舞台で、座布団に座って観るというのは、私はここの他には山本家の杉並能楽堂くらいしか行ったことがありませんが、あとは代々木の能舞台くらいでしょうか。ただ、ちょっと窮屈といえば窮屈ですが・・・


青山能は狂言一番、能一番と終演後に短時間ですが解説があるという構成が基本で、本日のように仕舞などが入ることもあるというところ。この解説がなかなか興味深く、本日は次回の青山能で三輪を舞うことになっている馬野さんが、三輪の装束について説明するらしかったのですが、この後、家まで帰る道のりを考えると・・・というわけで今回は失礼しました。


本日の番組は西村高夫さんの仕舞で道明寺、山本則孝さんのシテで狂言「船渡聟」、そして柴田稔さんシテの「隅田川」という構成でした。
私、なぜか西村さんと清水寛二さんを取り違えておりまして、仕舞が始まって「おや?」っと思った次第。それはさておき大変しっかりした舞でして、仕舞の中にきちんと世界を作っておられたのが印象的
船渡聟は大変面白い狂言なのですが、アドの船頭で出た東次郎さんが、これまた実にいい味を出しておられて、キチンとした芸風の則孝さんとの対比で、面白く拝見しました。
柴田稔さんはブログも書いておられて時々拝見していますし、地謡などでは何度かお見かけしているのですがが、演能は初めて拝見しました。隅田川は趣深い能で、何度観てもその度に感じるところがありますが、やはりホロッとさせられますね。
鑑賞記はいずれそのうち

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/593-28e524a6

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad