FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

天鼓のつづき

ワキが着座すると一声で前シテの王伯が登場してきます。無地熨斗目着流しにシケの水衣、唐頭巾の老人の姿。二ノ松あたりで一セイを謡いシオリます。老いの身で我が子を失った悲しみをということですね。


盤渉の小書のためか、この後のサシ、下歌、上歌が省略されて、一ノ松あたりからワキが呼び掛け、天鼓の鼓が鳴らないので参内して打つようにと帝からの宣旨を伝えます。
シテは、子に続いて自らも刑を受けるのか、それも老いの身としては望むところと言いますが。ワキはただ鼓を打てとだけの命であると説明し、王伯を誘って橋掛りを進み舞台へ入ります。
シテの運びは遅く、気持ちが沈む感じがします。


ワキはワキ座に、シテは常座に立ち、内裏に着いたという設定になりますが、シテはあらためて「勅諚なのでこれまでは来たものの、このまま許してほしい」と申し出ます。が、ワキは、ともかく鼓を打つようにと求め、シテは正中に下居します。
クリからクセへと子を失った悲しみを語る風ですが、クセも居グセで、シテはじっと座したまま。これが余計にシテの心情を際だたせるような感じがします。


ロンギになり「打つや打たずや老波の」で立ち上がり、シテは常座に向かいます。「老の歩も足弱く」と一畳台に上り、鼓に寄って二度打つと鼓が鳴り、帝もこれに感じて涙を流したとの謡のうちに、シテは下がって正中で安座しモロシオリします。


鼓が鳴ったことに、帝は数々の宝を下されることになり、さらに天鼓を管弦講で弔うとの勅が出されます。とは言え、帝は登場せずすべて勅使のワキが語る言葉でこうしたことが明らかにされるというところが、能の能らしいところですね。


シテはこの勅にありがたいと家に帰ることにし、アイがこれを送って中入り
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/597-7d2d8934

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。