FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

観世流の会 つづき

これは私の印象ということですが、観世流の場合は世帯があまりに大きいせいか、ここの能楽師の活動はかなり自主的なものが多いような気がします。
会のチケットも、出演能楽師扱い分が多く、一般では入手が難しいような場合もあるようです。
個人単独での演能会、地方の文化センターなどでの公演も多いように感じます。



そんな中で、精力的に活動を続け、また名人とも評判が高いのが梅若六郎師。梅若能楽会館での梅若会の公演だけでなく、全国各地で様々な公演を行っておられます。



最近では、漫画「ガラスの仮面」をもとにした「紅天女」の公演が話題になっていますが、新作や、廃曲の復曲などにも多数の取り組みがあるようです。
私は最近、あまり拝見していないのですが、年間の公演数が極めて多いのに、ハズレの少ない希有な方という印象を持っています。



精力的な活動といえば、鎌倉能舞台を中心に活動しておられる中森晶三師、貫太師。九皐会 観世喜之家系の先生ですが、素人向けに解説を増やしたり、演目を工夫したり、ユニークな企画を打ち出しています。



繰り返しになりますが、観世流では様々に特徴のある活動を行っている能楽師が少なくないので、機会を見ながらご紹介してみたいと思っています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/6-ad52c4c9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。