FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

三輪のつづき

まず名宣リ笛でワキの玄賓僧都が登場します。
欣哉さんのワキ、国立能楽堂の長い橋掛りをゆったりとした運びで進みます。槻宅さんの笛が、これに合わせてゆっくりと趣深く吹かれて、情趣が増す感じ。


常座まで出ると「毎日、樒と閼伽の水を供えに来る不思議な女がいるので、今日もやって来たなら名を尋ねよう」と言ってワキ座に着座します。
この日は、申し込んだときに既にあまり空きが無くて最前列の席を取ったのですが、ちょうど常座が目付柱の陰になって見えないことに、この時気付きました・・・


次第で前シテの出。小鼓の源次郎さんの掛け声が重く深く、味わいがあります。
里の女ですが無紅唐織着流、なんとなく寂しげに見える面、右手には数珠、左手に小枝を持っての登場です。唐織はこの季節らしく秋の草花の文様。
次第からサシを謡った後、三輪に住む女と名のって、ワキの僧都のもとへ近づいていきます。


上掛りではワキが一人秋深き中に心境を謡い、そこにシテが案内を乞いますが、下掛りではまずシテが「いかにこの内に案内申し候」と声をかけ、その後にワキが謡って、さらにシテが案内を乞う形になっています。ここは上掛りの本の方がスッキリしている感じがします。
さて庵の内外での問答の後、地謡の「柴の編戸を押し開き」に、シテは左手で戸を開く形から庵に入って正中に小枝を置き、下居して「罪を助けてたび給へ」と地謡に合わせてワキに向かって合掌します。
「下樋の水音も」とほんの少し面を伏せる風から「苔に聞こえて静かなるこの山住まいぞ淋しき」と気持ち面を上げる風へ、微妙な所作が風情あります。


シテは「罪を助けて」と言ったものの、その罪が何かを明かさないままに、ワキに衣を所望します。
妙な話ではあるのですが、ワキは快くシテの望みに応じて衣を渡し、シテは衣を両手に受け取ると、さらばお暇申し候わん、と立ち上がって常座へ行きかかります。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/600-6ae8ad75

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。