FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

三輪さらにさらにつづき

後シテが登場すると、地謡のクリから、シテのサシ、地謡が続けてさらにクセへと、三輪の神婚説話がかたられます。常の形では引廻しが下ろされるとシテは正中へ進み、クセは舞グセになりますが、神遊の小書のためシテは作り物の中で床几にかかったまま謡が進み、クセの後半「懇ろに語れば」で立ち上がり舞い始める形です。


三輪の大神はご存知の通り男神で、人の姿となって通い婚をしていたわけですが、この曲のシテは女神としています。前々から書いている通り、神が男であるのか女であるのかは、実は微妙な差なのかもしれません。


さらにロンギから天照大神の岩戸隠れの神事をテーマにシテの神楽へと続いていきます。「八百万の神遊、これぞ神楽のはじめなる」と常座へ向かい、正へ向き直って下居し、答拝して扇を捧げる形で「千早振る」と謡って神楽になります。
通常は扇を懐中にして幣を手に神楽を舞いますが、小書のためか扇のままで舞う形。実に綺麗な舞です。


神楽を舞い上げるとワカ「天の岩戸を引き立てて」と謡いながら、角で扇を左手に取り、岩戸を開くように扇を使って作り物に寄り、角へ戻って扇で面を隠して舞台を廻り目付で作り物を向いて下居。「神楽を奏して」と扇を打合せ、立って作り物に入って正面を向き、両手を上げて開く形。さらに「日月光り輝けば」と正先へすすっと出て「人の面白々とみゆる」から破ノ舞となります。


小書のための特殊演出で、通常はここに舞はありませんが、この破ノ舞の途中で橋掛りへ入って幕前まで進んだ後、二ノ松あたりまで戻って左右を崩した流すような型を見せたり、翁のように口元を扇で隠して左袖を被きそのまま舞台へ戻るなど、通常は見られない型が続きます。
これが実に神々しく、ふと西行ではありませんが「かたじけなさに涙こぼれる」と、感動した次第です。


最後は伊勢の神と三輪の神は一体分身であると述べて常座で留拍子を踏んで終曲。いやあ良い能を拝見しました。
(93分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/602-bfc7ee9b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。