FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

石橋のつづき

ワキは石橋を渡ろうとしますが「暫く候」とシテがこれを止め、石橋を渡る難しさを語りながら橋掛りを進んで、常座に立ちます。地謡の「上の空なる石の橋」はふわーっと入ってきた感じですが、全体として大変ゆっくりとした謡。石橋の前場らしい重々しい雰囲気です。


ワキが橋の謂われをさらに詳しく語るように求め、シテは「語って聞かせ申そうずるにて候」と床几にかかります。このシテの一句は観世、宝生にはありませんね。


この後、クリ、サシ、クセと石橋の由来、その様が謡われますがシテは床几にかかったまま謡だけで進行する形。「向かいは文殊の浄土にて」で立って、送り笛で中入りします。確か、太鼓が観世流の時は来序を打たないのだそうで、送り笛または囃子無しでの中入りとなるようです。もっとも宝生流では前場がツレのせいなのか、観世流の太鼓も宝生流の石橋のときは来序、乱序と打つとか。


さて中入りの後、ゆっくりと幕が上がって仙人が謡いながら登場してきます。来序が無いので狂言来序も無いということですね。老人の面をつけた万蔵さんが、瓢箪をつけた短い杖のようなものを肩に担いで橋掛りを進み、常座まで謡って到着すると名乗りとなります。日本から大江定基出家して寂昭法師がやって来たので話をしようと出てきたという訳です。


さらに橋掛りへ向かい幕に呼び掛けると、面をつけたアドアイの仙人が二人登場してきます。立ち位置が入れ替わって二名が先に舞台に入りアドアイは地謡の前に立ち、オモアイは常座での語りとなります。
寂昭法師が文殊浄土を目指していると、大聖文殊が「山がつ」となって現れ石橋を渡る難しさを説いて寂昭を思い止まらせたが、その心中を察して獅子団乱旋(シシトラデン)の舞楽を見せようと思い、見物に出でよと仙人達にも呼び掛けたという次第を語ります。


三人は何かと話ながら舞台を廻り、常座、正中、地ノ頭と三人が広がって、舞楽まで時間があるので酒を飲もうという算段になります。
このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/605-caa09ac7

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。