FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

隅田川のつづき

ワキツレは舟に乗せてくれるように頼みますが、これを受けたワキは、幕の方を見やる風にて、なんだか騒ぎがあるようだが何だろうと商人に問いかけます。
ワキツレは、都から女物狂が下ってきたので、その狂う様を皆が見て騒いでいると答え、ワキは「それではその女物狂を待ってから船を出そう」と述べて、ワキツレがワキ座に控えます。


囃子は一声。シテの出になります。無紅縫箔腰巻に浅葱の水衣、女笠を被り笹を持って狂女の態です。「子を思ふ道に迷う」のあたりの謡は思いが入ったところ。「聞くや如何に」と肩に担いだ笹を下ろして舞台に進み常座に立って、地謡の「松に音する習いあり」からカケリになります。


舞台を廻り狂態を見せた後、「都北白河に年経て住める女なるが、思わざる外に一人子を人商人に誘われて」と自らの身の上を謡い、隅田川までやって来たと、常座でワキに向く形になります。


シテはワキに船に乗せてくれと呼び掛け、立ち上がったワキは「面白く狂うて見せ候へ。狂はずはこの舟には乗せまじいぞとよ」と、シテに狂って見せるように求めます。
これに答えてのシテ、ワキの問答から地謡へと繋がっていく一連の部分は大変好きなところで、昨日も書いたとおり、このあたりの詞章の展開は、私が謡曲、能楽に興味を持つきっかけともなったところです。
伊勢物語九段の東下りを下地に置いているわけですが、これを当然の前提として白い鳥を鴎と教えた舟頭をなじり、都鳥の名を引き出して「名にし負はば いざ言問はむ 都鳥 わが思ふ人は ありやなしやと」の歌を「我もまたいざ言問はん都鳥、我が思子は東路に」と、恋人を思う歌を、子を思う気持ちへと展開していきます。


この上歌の終わり「さりとては渡守、舟こぞりて狭くとも、乗せさせ給へ渡守、さりとては乗せてたび給へ」と正中へ下居して合掌し、笹で舞台を叩いてワキへ迫るところは見せ場となっています。
このシテの態にワキは舟に誘い、シテが正先でやや目付の方を見る形で座し右隣にワキツレが座す形で、後に舟頭が立って舟が出発することになります。ワキツレとシテが横に並ぶ形に近いのですが、シテが前で斜め後にワキツレと縦に並ぶ形の方がよく見かけるような気がします。
ともかく、このつづきはまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/611-a67dff8f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。