能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

班女のつづき

中入りの後は、ワキの吉田の少将がワキツレの従者を伴って登場してきます。
安田さんのワキ、いつもながら堂々とした感じ。工藤さんの少将とはまた随分に印象が変わりますね。

一行は野上の宿にやってきた設定で、次第、ワキの詞、道行と、常のとおりの形で進行し宿に到着となります。
ワキは早速に花子(班女)の所在を尋ねさせますが、ワキツレは尋ねたとの設定の元に、花子は長と不和のためにもはやこの宿には居ないと答えます。ワキツレは誰かに尋ねるような所作もなく直ちに返事をするわけで、このあたりの割り切りは能の能らしいところでしょうか。

もし花子が戻ったら都へ伝えるようにと言い置いて、一行は都へと向かいます。
都に着くと、ワキは宿願の子細があって直ちに糺の社に参詣すると言って、ワキ座に向かい糺の森で待つ形になります。床几にかかって堂々とした形。

一声の囃子で後シテの登場。唐織脱ぎ下げの狂女姿ですが一ノ松で謡った後、舞台に入ってきます。
宝生流では「此神神に祈誓せば、などか験のなかるべき」の後、「謹上」とシテが謡い、地が「再拝」と謡ってカケリになりましたが、金剛流は他の流儀同様、謹上再拝までシテが謡ってカケリになります。
なぜか観世流ではシテが「恋すてふ、我が名はまだき立ちにけり」まで謡って、地が「人知れずこそ、思ひそめしか」と続けてからカケリになります。
いずれにしても狂女の態が極まったというところ。

さらに「あら恨めしの心や」から謡の連続によってシテの心情が明らかにされてきます
さてこのつづきはまた明日に

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引狂言鑑賞記索引能楽関連リンク能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/624-63896a1e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。