能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

班女さらにつづき

ワキツレの従者が、シテに「なにとて今日は狂わぬぞ」と問うのは変だという話は以前にも書きました。おそらく古い時代には、別にツレの下賀茂あたりの人が出てシテに呼び掛けたのだろうと想像しています。

その後、クリ、サシからクセに入ります。
クリ、サシからクセの前半までは下居のまま、途中シオル姿を見せていますが「さるにても我が夫の」で立ち上がり常座から「頼めて来ぬ夜は」と橋掛りへ進んで一ノ松あたりへ向かい「欄干に立ちつくして」と一ノ松の欄干に寄ってまさに立ちつくす型。
ここは各流様々の型を見せるところですが、金剛はこういう形なんですね。

「そなたの空よ」とワキ柱を遠く見やる感じから正面に向き直り、たらたらと下がるように開いて揚幕の方へ流したり、と思いを込めた型が続きます。上げ羽で扇を広げ、再び舞台に戻っての舞が続きます。さらに地謡の「絵にかける」から中ノ舞となります。
喜多流ではこれを序ノ舞にするらしいので、金剛ではどうなのか興味あるところでしたがこれは中ノ舞でしたね。

舞アトは仕舞でもよく舞われる部分。特別な型はありませんが、趣のあるところ。地頭の宇高さんの声が良く通り、緩急、抑揚の面白さに引き込まれます。「扇とは空言や」からは思いが募った感じの謡になり、シテは正先へ詰めて面を上げたところから、たらたらと下がって大小前に下居してシオリ、思いが極まった感じを見せます。

そしてワキとシテが扇を交換して見る場面へと繋がります。
「輿の内より「取り出せば」とシテが立ち上がり、ワキに寄って扇を替え、正中で下居して左手に扇を広げ、同じく扇を広げたワキと扇を見せ合う形になります。

趣ある一曲でした。
(76分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引狂言鑑賞記索引能楽関連リンク能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/625-50017ef3

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad