FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

淡路 辻井八郎(円満井会定例能)

金春流 矢来能楽堂 2007.11.23
 シテ 辻井八郎、ツレ 本田芳樹
  ワキ 宝生欣哉、アイ 若松隆
   大鼓 國川順、小鼓 幸信吾
   太鼓 桜井均、笛 栗林祐輔

脇能ですが、現行曲としているのは観世・金春・金剛の三流のみで、上演もあまり多くない様子。以前にも触れた大角さんの観世流演能統計では下から数えて二十数番目、碇潜よりも少ないようです。
ですが、以前から時々書いているとおり、脇能好きの私としては興味深く拝見することが出来ました。

さて舞台は先ず次第の囃子でワキ臣下の一行が登場してきます。
脇能らしいスッキリした囃子。ワキ一行の謡も歯切れ良く舞台中央で向き合っての謡の後、ワキの詞、道行と型通りに進行します。ワキの詞の途中「また良きついでなれば」と左に少し流した感じで目付柱の方を見また戻したのが印象的でした。

一行が着座すると前シテの出になります。
真ノ一声。一転してゆったりとした囃子で、脇能らしさが醸し出されます。なにぶんあまり広くない矢来能楽堂なので、正面左に座っていても、シテの「お幕」というゆったりとした声が聞こえます。
ツレの姥が先に立ち、小格子厚板に白大口のシテ尉が後から橋掛りへ出てきます。

ツレ一ノ松、シテ三ノ松で向き合って謡った後、舞台へ進んでツレが正中、シテが常座に立ってシテのサシ謡。シテはエブリを肩に担いで登場しますが、舞台に入ると肩から外し右手に立てるように持っての謡となります。
観世の本では「千里万里の外までも皆楽しめる時とかや」の後、下歌の「頃しも今は長閑なる」と続きますが、この間に「時とかや」に続いて、良く聞き取れませんでしたが五七五の後に七五の句が四つほどの謡が入りました。

下歌のうちにシテは大小前へ、ツレは目付へと移動し、ワキが立ちあがって言葉をかけます。
このつづきはまた明日に

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引狂言鑑賞記索引能楽関連リンク能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/633-6dd85b82

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad