FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

蝉丸のつづき

ワキは笠をとってツレに渡し、さらに杖を取らせます。別れを惜しんでツレがシオり「早帰るさになりぬれば」とワキは橋掛りへ。ツレは立って杖を手に橋掛りを見送る風から「琵琶を抱きて」と下がりつつ笛座前に座してモロシオリ「臥しまろびてぞ泣き給う」という場面。

するとアイ博雅の三位が出て常座で名のり、身分の高い方が逢坂山に捨て置かれたというので、雨露をしのげるよう「藁屋を設え入れ申そうと存ずる」とツレに付き添い、笠を藁屋に立てかけて戸を開け、ツレを藁屋へと導き入れます。

シテ逆髪は一声での出。逆髪の面は十寸髪(増髪:ますかみ)ないし専用面の逆髪が用いられますが、いずれの面も様々な表現があるようで眉間に皺を寄せた形のものもあり、今回はそうした面。かなり強く眉間に皺が刻まれ苦悩が現れた感じがします。これに左右に垂らした鬘が逆髪を象徴します。髪の毛が逆立っているとされていますが、さすがにそのままの形には出来ませんものね。

シテは一ノ松で一セイ。肩に担いで登場した笹を下ろして謡います。
この後の詞「いかにあれなる童どもは何を笑うぞ」からが、この曲のポイントの一つ。身分の低い童たちが皇子たる逆髪を笑うのもまた逆さまであろう。髪が逆立つ姿も、いずれを順と見、逆と見るのか。実は順逆は相対的なものに過ぎないのではないかという、壮大な主張のゆえに狂気と見られることを謡うもの。色々な解釈が可能かとは思うのですが、ともかく考えされられる一節で、その思いが極まってかカケリに続きます。これを趣深く忍さんが演じました。

この後「花の都を立ち出でて」と道行になりますが、ここは舞があり仕舞でも好んで演じられる部分。思いを込めながら、美しく舞が続きました。世の常識とは順逆、別の世界にいる逆髪も、その世界においては美しいことが示されるような舞。
「現なの我が姿や」と舞終えると、後見座へクツロいでツレのサシ謡となります。
このつづきはまた明日に

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/639-6e188fe4

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad