FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

蝉丸さらにつづき

ツレは「第一第二の絃は索々として秋の風」と琵琶弾くことを暗示する謡。この謡のうちにシテは立ち上がり、常座へと進んで「不思議やなこれなる藁屋の内よりも」と琵琶の聞こえることを述べ、藁屋に寄って密かに音を聞きます。

これにツレが博雅の三位が来たのかと問いかけ、姉弟の再会の場面となります。
ツレは自ら戸をいっぱいに開き、シテは藁屋によって下居し左手を伸ばして再会。二人してシオリます。

地謡のクリで立ちあがったシテは大小前から正中へと下居。サシからクセへと謡が進みます。
クセは舞グセで「王氏を出でてかくばかり」で立って舞います。クセの基本的な形に沿ってはいますが、上げ端の前「これぞ古の錦の褥なるべし」でシオり、「たまたまこと訪うものとては」とシテの謡では扇を広げて開キから左右。「雨だにも音せぬ藁屋の軒の・・・」と開くときの扇を横に寝せてやや上げた感じは藁屋の軒の風情でしょうか。

ロンギとなり、シテ、ツレが名残を惜しみながらも別れの時となります。
「立ちやすらいで泣き居たり」とシテがワキ座へ向けてシオり、ツレは立ちあがって「別路とめよ逢坂の」と藁屋を出てシテを追う気持ち。シテは「関の杉村過ぎ行けば」と橋掛りへ進み、地謡の「互いにさらばよ常には訪わせ給え」と一ノ松で向き直ってなおも名残を惜しみます。

「幽かに声のする程聞き送り」と正へ直し、シオって留めとなりました。
実に味わい深い一曲でして、せめてシテが姿を消し、ツレがこれを追って幕に入るまで、拍手をせずにこの余韻に浸っていたいと思うのですが、前回の金春会同様、シテの退場、ツレの退場、ワキの退場、地謡、囃子方、それぞれに丁寧な拍手。金春の見所はいつもこうなので「そういうもの」とは思っているのですが、でも、あの余韻は勿体なかったなあ・・・
(90分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/640-43f85b5f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。