FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

合浦 関根祥丸(花祥会)

観世流 観世能楽堂 2007.12.15
 シテ 関根祥丸、ワキ 村瀬純
  アイ 三宅近成 前田晃一
   大鼓 大倉栄太郎、小鼓 観世新九郎
   太鼓 桜井均、笛 八反田智子

合甫(ガッポ)と書く方が能らしいかもしれませんが、現在の大成版では合浦と書くことになっています。
この曲、観世にしかないのですが、あらためて調べてみるまで気付きませんでした。というのも観世では割とポピュラーな曲で、仕舞も素人の会などで良く舞われるため、各流にあるとなんとなく思っていたんですね。
子方を終えて初シテというときに、この合浦か花月が選ばれることも多く、観世の能楽師の経歴などを見ると初シテにこの曲を上げている方が少なくありません。

というわけで、今回のシテ関根祥丸さんは初シテではありませんが、現行曲で子方の出るものすべての子方を演じ終えて、いよいよシテとして伸びていこうという時期になった由。私も、祥丸クンから祥丸さんへ表記を変えました。

まずはワキが名ノリ笛で登場し、常座で「これは唐土合浦と申す所に住居する者にて候。今日は日もうらゝに候程に。浦に出て釣するを眺めばやと存じ候」と述べて地謡前に目付を向いて下居します。村瀬さんらしい不思議な声の謡。

するとアイの釣り人が登場してきます。
このつづきはまた明日に

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/654-95eb9499

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。