FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

囃子の話・・・登場と退場

これまで謡の部分について何度かにわけて書いてきましたが、囃子についても書いておきたいと思うものの、こちらはなかなかやっかいです。謡と違って「詞章」のように説明できる手がかりがないので、いきおい「○○のような感じ」といった解説になってしまいます。
これは装束も同様で、写真でも掲載すれば良いのですが、著作権の関係でブログに写真集の写真は貼れないし、かといって撮影も出来ないし、素人としては難しいところ。いずれこれも何とか考えようと思っていますが・・・

とりあえずここでは、登場や退場の時に奏される囃子の種類などを簡単に書いておこうと思いますが、まずは登場楽から。

シテやワキが登場するときの囃子として最もシンプルなのは名ノリ笛。ワキの出の際に用いられますが、笛だけが奏する中をワキが幕から出て舞台へ進む形になります。シンプルですが、なかなか趣あるもの。
名ノリ笛で登場したワキは名ノリを謡うのが通常の形。名ノリは節がついていない詞です。

シテやワキの登場楽としてよく用いられるものに次第と一声があります。
次第も一声も大小の鼓が主体で笛がアシラう形です。次第は最初に笛のヒシギといって、鋭く高い音が入ります。しかしながら文章では「こんな音楽」とはなかなか説明し難いところ。さらに、曲によって登場する人物によって、奏し方・・・いわゆる位が変わってきます。荘重に奏される場合もあれば、軽快に奏される場合もあるといったところです。

一声も大小が主体ですが、次第よりはリズミカルな感じ。一声で登場した人物は通常は一セイを謡います。

脇能の場合は、前シテ・ツレの出に真ノ一声、ワキの出に真ノ次第という特殊な囃子が奏されます。

リンクはページ左上にまとめてありますが、こちらからもどうぞ
能の鑑賞記索引 狂言鑑賞記索引 能楽関連リンク 能楽の手引索引
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/666-409cf6e9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。