FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

杜若 辻井八郎(金春会定期能)

金春流 国立能楽堂 2006.5.7
 シテ 辻井八郎、ワキ 安田登
   大鼓 大倉三忠、小鼓 住駒匡彦
   太鼓 小寺佐七、笛 中谷明



杜若という能は、正直のところ今まであまり感心したことがありません。ある意味、中途半端な印象もある曲、と思っています。



諸国一見の僧が三河の国までやって来ると、杜若の花が今を盛りと咲いている沢辺に行き当たります。僧が花に見入っていると若い女に声をかけられます。
女は「ここは三河の国、八橋(ヤツハシ)といって杜若の名所だ」と告げます。



ワキ僧は「八橋は古歌にも有名な場所だが、さて誰の歌だったか」と問うと、女は伊勢物語第九段を引き「唐衣着つつなれにし妻しあればはるばる着ぬる旅をしぞ思ふ」という歌を紹介して、在原業平の歌であることを教える訳です。この伊勢物語の九段は古文の教科書などにも載っているので、お馴染みの話。



さてシテの女は、自らの庵で一夜を明かすようにと僧を誘い、ここで物着になります。
女は初冠に長絹の姿になり、これは業平の冠と高子の后の衣であると述べる訳です。ワキ僧は怪しんで、女にいったい何者かと問うのですが、これがまたあっさりと「杜若の精なり」と女が答えるんですね。
業平は極楽の歌舞の菩薩の化現なので、詠んだ歌の功徳によって草木までもが人間と言葉を交わすということなのですね。そして業平の昔を偲んで舞を舞うという次第になっています。



とてもきれいな曲ですしクセも面白いのですが、どうもそれだけの曲になってしまうような感じがして、これまであまり感心したことが無かったのだろうと思います。
・・・明日に続く・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/67-9645b430

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。