FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁のつづき

このブログで翁の鑑賞記・・・翁の性格から言って「鑑賞」というのはどうかなあ、と思いますがとりあえず・・・を三度書いていますが、たまたま三度続けて三番三が大藏流山本家でして、和泉流の三番叟についてはまだ触れていませんでしたので、今回はこのあたりについて。

そもそも三番叟(大藏流では三番三)は揉ノ段と鈴ノ段を舞いますが、翁の舞よりも長く変化に富んでいて、この翁という儀式の大きな部分を占めています。こうした基本形は大藏でも和泉でもさほど変わるわけではありませんが、やはり流儀の違いから舞の形にも違いがあり、見た印象は結構違うという感じがします。
特に揉ノ段で舞いながら「ヤオハンハ」と鼓の掛け声と同じ声を出すのは、大藏流でも同じではあるのですが、和泉流の方がずーっと声をかけ続けている印象があります。
あれは実際にはかなり大変だろうと思います。

和泉流では萬斎さんや万蔵さんの三番叟を拝見したことがありますが、この日の月崎さんも熱演でした。低く高く、掛け声を掛け続けての舞、なかなかに面白いものです。
もっとも、月崎さんの常の狂言は大変面白いこともあり、どうも舞を観ていてもコミカルな感じのような気がして・・・それはそれで良かったのですが、ご本人には失礼と思うのですが、どうも月崎さんに俳優の小倉久寛さんのイメージが重なってしまって・・・

それともう一つ、実は揉ノ段からだったのか鈴ノ段からだったのか、記憶が怪しいのですが、小鼓が妙にボコボコとなっているなあと思い、気をつけて見てみると、枠に手のひらをつけたまま指先だけで、皮の震動を止めるように打つところがあります。
今まで気付かなかったのですが、幸清流だからなんでしょうか。そういえば幸清流で翁を観るのは初めてかも知れません。他流の翁、三番叟では気になったことがなかったのですが・・・
(72分:三番叟が終了し全員が舞台から退場するまでの時間です)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/672-86bbbeaa

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。